こんにちは、CloudNative Days 実行委員の Kazu@capsmaltです。

先日のブログで案内した9/3開催 CI/CD Conference 2021計44件のCFPを頂きました!ありがとうございます!初心者から上級者まで幅広い聴講者に楽しんで頂けそうなセッションが勢揃いしています。中の人たちも早くもワクワクソワソワしています。(あぁ・・・チラ見せしたい・・・)

そして・・・、本日は新たにお知らせがあります。

“CI/CD Co-located ハンズオンイベント” 開催!!

CI/CD Conference 2021 のテーマは『Continuous 〜技術を知り、試し、取り入れる〜』です。この3つの要素のうち「技術を試す」部分を Co-located Event として開催することを予定しています。

CI/CD Co-locatedハンズオンイベントでしっかり手を動かして技術を試し、そして本編のCI/CD Conferenceで技術や活用ノウハウを知り、イベント参加後に実際に技術を取り入れる という流れに役立てて頂けると嬉しいです。

さて、本日はCI/CD Co-locatedハンズオンイベントについてご紹介させて頂きました。CND実行委員から1点お願いがございます。

「技術を試す」部分で、実際に手を動かせるチュートリアルやハンズオンセッションをご提供頂けるスポンサー様を募集させてください。

CND実行委員からは GitOps を用いた CI/CD Pipeline についてのハンズオンを前半(9/2午前)に実施予定です。後半(9/2午後)に1–4時間程度でスポンサー様のセッションを実施頂ければと考えております。

  • 9/2 Co-located Event
    午前 (10:00–13:00):CND実行委員によるハンズオンイベント
    午後 (14:00–17:00):スポンサー様による講義・ハンズオンイベント
  • 9/3 CI/CD Conference 2021
    全日 (10:00–18:00):CI/CD Conference 本編

上記は仮ですので、形式や要望等については柔軟にご相談可能です。
ぜひご検討をよろしくお願いいたします。

例えば、ベンダーの皆様であれば自社の製品を用いた内容で問題ありません。支援事業をされている会社様であれば、自社の支援内容を間接的にアピールできるような内容でも問題ありません。

一般参加者や企業に対して 技術を『取り入れ』、実践していくための手助けになる内容を、各社・各プロダクトの魅力を交えてお話していただければと考えています。

CND実行委員で、世の中の関心が高いであろうと思われるテーマ案について検討いたしました。よろしければ以下もご参考までに活用頂ければと存じます。

・各社の CI/CD 関連プロダクトを用いた実践ハンズオン
・ 監視ツールと連携した Progressive Delivery
・セキュリティ関連ツールと CI/CD との連携
・Canary / Blue-Green Deploy などのデプロイ戦略
・各種コンテナレジストリの利用方法と CI との連携
・Tekton 入門
・良い Dockerfile の書き方
・CI/CD を題材にしたグループワーク
・その他、CI/CD に関連するテーマ
(CloudNative Days の目指す方向性に大きく反していなければ問題はありません。)

ご協力頂けるスポンサー様は、以下にご連絡を頂戴できますと幸いです。E-mail : cndt2021@impress.co.jp
Twitter : @cloudnativedays


こんにちは、CloudNative Days実行委員会プロモーションチームです。

CloudNative Days Spring 2021 Onlineが終了してから、早いもので3ヶ月経ちます。
CFP無しという新たな挑戦から始まりましたが、登壇者、スポンサー、そして多くの参加者の皆様のおかげで素晴らしいイベントになりました。
改めて、御礼申し上げます。

そして、新たなお知らせがあります。

来る2021年9月3日、CloudNative Daysのスピンオフ企画として、CI/CD Conference 2021 by CloudNative Days(オンライン)を実施します。

それに伴い、2021年6月2日からCFPを開始します!!

CI/CD Conferenceのテーマと概要は以下です。


※オリジナルの資料はこちら:
https://docs.google.com/presentation/d/1LLaF5y-_OsFCmkB6YWVTKT-hrWfN8zP84uE0JaYYxzY/edit#slide=id.g77b1705055_0_304

はじめに

こんにちは。CNDT2020実行委員の@inductor & @antiberialです。
CNDO 2021 Springが始まりましたね!今回も、Cloud Nativeなカンファレンスを飾るにふさわしいゲストとして、CNCFのCTOであるChris Aniszczyk氏からキーノートセッションとしてクラウドネイティブな最新動向をお話いただいています。
運営の都合上日本語の字幕をご用意するのが難しく、今回はMediumで同氏のセッシ …


こんにちは、CloudNative Days Spring 2021 Online実行委員の@cyberblack28です🙋‍♂️

2021年3月11(木)- 3月12日(金)の2日間、CloudNative Days Spring 2021 ( #CNDO2021 ) を開催が決定し、絶賛スピーカー募集中です!!

CFP無し、動画エントリーということでCloudNative Daysとしても新たな挑戦です。

動画エントリーということで、様々なスタイルで、誰でも自由にエントリーできます。

とはいえ、「ちょっと動画収録となると。。」と躊躇してしまう場合もあると思います。

PCとWebカメラがあれば無料のツールなど利用して、簡単に作成できます。

今回のブログでは、参考例として無料の範囲で作成できるZOOMでの動画作成方法(PC)を紹介します。

1.ZOOMアカウント作成

Webブラウザで「https://zoom.us/」にアクセスして、「サインアップは無料です」ボタンをクリックします。


cndo-keyimage

ご無沙汰してます、CloudNative Days Spring 2021 Online実行委員の@cyberblack28です🙋‍♂️

今年9月に開催したCloudNative Days Tokyo 2020は、ご参加頂いた皆様のおかげで大盛況となり、無事に終幕しました。改めて、ありがとうございました!!

そして、来る2021年3月11日(木)- 3月12日(金)の2日間、CloudNative Days Spring 2021 ( #CNDO2021 ) を開催します!!

さらに、#CNDO2021のスピーカーも募集開始します!!

今回のトピックは以下になります。

  • CNDO2021について
  • CNDO2021 スピーカー募集スケジュール
  • 募集要項
  • 申し込みフォーム

CNDO2021について

開催日程:2021年3月11日(木)、3月12日(金)

開催場所:オンライン

主催 :CloudNative Days Spring 2021 Online実行委員会

運営 :株式会社インプレス

CNDO2021 スピーカー募集スケジュール

スピーカー募集のスケジュールは以下となります。

  • スピーカーエントリー開始:2020年12月29日(火)
  • スピーカーエントリー終了:2021年2月3日(水)午後11時59分(JST)
  • セッションスケジュール発表:2021年2月上旬
  • セッション動画提出期限:2021年2月24日(水)
  • CNDO2021:2021年3月11日(木)、2021年3月12日(金)

募集要項

CNDO2021のテーマとコンセプトに沿って、セッションにご登壇いただけるスピーカーを募集致します!

CloudNative Days Online 2021のテーマとコンセプト

テーマ:「ともに踏み出す CloudNative祭」

コンセプト:

『クラウドネイティブ』って何だっけ? 私たち自身ずっと考えてきました。

CNCFによる定義によると、『近代的でダイナミックな環境で、スケーラブルなアプリケーションを構築・実行するための能力を組織にもたらす』のがクラウドネイティブ技術です。

また、オープンソースでベンダー中立なエコシステムを育成・維持し、このパラダイムの採用を促進したいとも述べられています。

私たちはこの考えに賛同します。クラウドネイティブ技術を日本にも浸透させるべく、過去数年にわたりイベントを行ってきました。

しかし世の中が大きく変わりつつある昨今。我々はこう考えました。

『今ならオンラインの特性を生かして、CloudNative Daysをダイナミックな環境でスケーラブルな形に更に進化させられるのではないか?』

オンラインでは、誰でも情報を得ることができ、誰もが発信することもできます。オープンな思想のもとに作られたインターネットには境界がありません。

そうしたインターネットの成り立ちを思い出し、初心者から達人まで、住んでいる場所を問わず、クラウドネイティブに取り組む人が、

・今まで参加者だった人が壁を感じずに発信できる

参加者が、これまで以上に多様な視点から学びを得られる

そんな機会を創り出し、登壇者・参加者・イベント主催者といった垣根を超えて、クラウドネイティブ・コミュニティを広げていきたいと考えています。

CloudNative Days Spring 2021 Onlineでは、クラウドネイティブ技術を通じて培った知見やマインドセットを最大限に活用し、これまでに無かった斬新なイベントを目指しています。

端的に言うと、こんなイベントにしたいと思っています!

  1. CFP無し。エントリー者全員登壇
  2. 全国どこからでも登壇
  3. 事前収録制により登壇者も参加者とリアルタイムにコミュニケーション

エントリーの流れ

  1. 本ページから登壇者ポータルにログイン
  2. 登壇内容を入力してエントリー
  3. 動画収録後、登壇者ポータルからアップロード(アップロード機能は後日公開)

エントリーQ&A

Q.登壇方法は選択出来ますか?
今回のセッションは、すべて事前収録した動画となります。

Q.エントリーは必要ですか?
はい、事前にエントリーが必要です。登壇者ポータルよりエントリー後、指定期日(イベント開催1ヶ月前が目処)までに動画によるセッションをご用意ください。

Q.収録の経験がなく、不安です
オンラインによる動画収録支援サービスも提供予定です。詳細は後日ご案内します。

Q.エントリーまでに動画の収録が必要ですか?
エントリー時点では動画の投稿は不要ですが、どのような内容のセッションかご記入頂きます。

Q.エントリー後、登壇内容が変わっても構いませんか?
多少の変更であれば、投稿時に内容が変わってもOKです。ただ、大幅な変更の場合は、事前に運営にご相談ください。

Q.登壇時間は何分ですか?
時間は、5〜40分間の可変となります。エントリー時に目安となる時間をお知らせください

Q.事前審査はありますか? また、内容に制限はありますか?
事前の審査はありません。原則的にはクラウドネイティブに関連していればどのような内容でもOKです。ただし投稿後に内容をチェックさせて頂き、場合によっては修正のお願いや、配信の見送りをする場合がありますのでご了承ください。また、自社製品のセールスを目的とするセッションについては、動画投稿ではなくCNDO2021への協賛をご検討ください。

セッション内容についてのガイドラインと注意点

・クラウドネイティブに関連する内容でしたらどのような内容でもOKです。例としてキーワードを挙げると…

・Kubernetes, Container, Microservices,Serverless, CI/CD, DevOps…(これに当てはまらないとダメということではありません!)

・資料によるプレゼンだけでなく、複数人によるトークセッションや、ライブデモ・コーディング、その他ちょっとした小ネタなど様々な形式の動画セッションを歓迎します

・ただし参加者が心からイベントを楽しめるよう、不快な表現や過度に攻撃的な内容はお控えください。具体的には CloudNative Daysの行動規範(Code of Conduct)を参照してください

・また繰り返しになりますが、自社製品のセールスを目的とするセッションについては、動画投稿ではなくCNDO2021への協賛をご検討ください。

・通常は、ブレイクアウトセッションでの配信となりますが、内容によってはオープニング枠になる可能性もあります。

・ただし、配信タイムテーブルについては、CNDO2021実行委員会で決定しますので、登壇者が希望を出すことはできません。予めご了承ください。

申し込みフォーム

申し込みフォームは以下となります。奮ってのご応募お待ちしております!!

https://event.cloudnativedays.jp/cndo2021

以上、CNDO2021 開催とスピーカー募集開始のお知らせでした。

引き続き、CNDO2021開催に向けて情報を発信していきますので、よろしくお願いします!


Hello, this is @cyberblack28, @kaedemalu, @suzukin CNDT2020 committee members.🙋‍♂️

CloudNative Days Tokyo 2020 has ended successfully.

Thank you to all the participants and speakers!

And thank you to everyone who participated in the post-event survey.

In this post, we will share the results of the questionnaire focusing on the contents (165 responses).

Number of participants

Pre-registration & the day registration: 3,580 people (including 85 speakers)

Purpose of the event

(165 responses)

CNDT was originally created with the purpose of being a tech conference, and since the majority of attendees are developers and architects, it is noticeable that the purpose of…


こんにちは、CNDT2020実行委員の@cyberblack28 & @kaedemaluです。🙋‍♂️

今回は、ベストスピーカーの発表です。

開催後のアンケートを基に集計して、CloudNative Days Tokyo 2020 ベストスピーカーが決定しました!!

ベストスピーカーは、『独りよがりのプラットフォーム』原 トリ(@toricls)さんです。

おめでとうございます!!🎉

タイトルの真意は、「独りよがりなプラットフォーム」の姿を通して、価値のある、そして意味のあるプラットフォームのあり方を考察することでした。「共通基盤は誰のため?」と問いかけ、AWS S3誕生のエピソードも交えながら、サービスとしてのプラットフォームづくりに必要な考え方を紹介しました。

  • 共通基盤というあるあるを題 …


こんにちは、CNDT2020実行委員の@cyberblack28、@kaedemalu、@suzukinです。🙋‍♂️

無事にCloudNative Days Tokyo 2020 終了しました。

参加者、登壇者の皆様、ありがとうございました。

そして、開催後アンケートにもご協力頂いた皆様、ありがとうございました。

今回のブログでは、開催後アンケート(アンケート回答数:165件)の中で、コンテンツに対する結果を中心にお届けします。

参加登録者数

事前・当日合計の申込: 3,580名(講演者85名含む)

イベントの参加目的

165件の回答

CNDTは、もともとテックカンファレンスを目指して生まれた背景があることや参加者の大部分がデベロッパーやアーキテクトの方ということもあり、技術面での情報収集を目的というのが顕著に見受けられます。

イベント全体の満足度

165件の回答


こんにちは、CNDT2020実行委員の@cyberblack28です。

いよいよ、CloudNative Days Tokyo 2020、来週9月8、9日開催です!

開催前最後のブログでは、当日利用するツールや企画についてお知らせします。

利用ツール

  • CNDT Platform
  • Discord(Ask the Speaker)

企画

  • Kontest
  • DiscussionBoard

利用ツール

CNDT Platform

「+Native ともに創るクラウドネイティブの世界」というCNDT2020のテーマを基に、参加者の皆様が交流して、ともに創ることができるカンファレンスを目指してきました。オンラインという形式でも、その方針を変えることなく試行錯誤して生まれたのがCNDT Platformです。CNDT2020実行委員の開発チームで創りました。

このCNDT Platformは、参加登録後、ログインして利用できます。何ができるのかというと、CNDT2020の配信セッション視聴、セッション中にSlidoというツールと連携したQ&A、タイムテーブル、スピーカー、他のイベント企画の確認もできます。

CNDT Platformの開発秘話は、公式Podcastで公開中です!
https://anchor.fm/cndt2020/episodes/Episode3-ej7lid

Discord(Ask the Speaker)

セッション後に登壇者とのAsk the Speaker、参加者同士の交流の場としてDiscordというツールを利用します。

Discordにログインしていただくと、いくつかのボイスチャンネルとテキストチャンネルがあります。

ボイスチャンネルには、Keynote、各セッショントラックが用意されています。セッション後に登壇者が対象のボイスチャンネルに入室しますので、参加者の方々も入室して、直接音声で登壇者と会話できます。カメラ機能もあります。(ON/OFF可)

※場合により、Ask the Speakerに参加できない登壇者の方もいらっしゃいますので予めご了承ください。

また、雑談部屋というボイスチャンネルでは、参加者同士でコミュニケーションをとることができます。奮ってご参加ください。

そして、アナウンスチェンネルというテキストチャンネルでは、開催中の色々な情報を確認することができます。

詳細な操作方法については、以下のマニュアルに記載してありますので、参加前にご一読頂けると幸いです。

参加者用マニュアル:http://bit.ly/CNDT2020-MANUAL-ATENDEE

企画

Kontest

オンラインでも当日のお祭り感を味わっていただけるようにという思いから生まれたのがKontestです。

Kontestは、楽しみながら学べるKubernetesクイズです。CNDT2020の実行委員が問題を20問ほど作成して、カサレアルさんの解説付きです。

ブラウザでアクセスして直ぐに始められますので、Kubernetesを楽しみながら学びましょう!!

※GitHubのアカウントが必要です。

このKontestの開発秘話も、公式Podcastで公開中です!
https://anchor.fm/cndt2020/episodes/Episode3-ej7lid

DiscussionBoard

昨年のCNDT2019で大好評だったCloudNativeDeepDiveというホワイトボードを使った深いコミュニケーションの場をオンラインでもという発想から生まれたのがDiscussionBoardです。

いきなり、Discordでの音声交流にちょっと抵抗を感じる方もいらっしゃると思います。気軽にコミュニケーションできる場が、このDiscussionBoardです。

Miroというツールを利用して、テキスト、URL、画像、付箋などを貼り付けてオンライン上で非同期にディスカッションを行えます。ホワイトボード以上の機能が利用できます。

Miroは会員登録不要で、ブラウザで直ぐに利用できるツールです。お悩みや課題などどんどん書いてください。

開催期間でMiroに書かれた内容は、後日PDFでも公開する予定です。

当日まであとわずかとなりましたが、参加登録は受付中です!!

CloudNative Days Tokyo 2020のたくさんのご登録、ご参加お待ちしてます!!

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2020


こんにちは。CloudNative Days Tokyo 2020実行委員の@kaedemaluです。

いよいよ、CNDT2020が来月9月8、9日と迫ってまいりました!
ご参加される皆様、ご準備はいかがでしょうか。

今回は当日に向けて開催予定の事前イベントと配信のお知らせです。

  • CNDT2020 Rejektsの開催
  • Podcastの配信

CNDT2020 Rejektsの開催

事前イベントとして、CNDT2020 Rejektsと称してCfPで落選してしまったセッションの中から投票数の多かったスピーカーをお呼びして、ショートセッションでお話ししていただきます。開催概要は以下になります。

  • 開催日:9/2(水)
  • 時間:19:00 ~ 20:40
  • 開催形式:オンライン(無料)

CNDT2020 Rejektsは、イベントサイトから登録いただくことで参加できます!

参加するにあたりまして、Ask The Speaker、セッション中の質問方法、Twitterハッシュタグについての詳細をこちらに記載しています。合わせてご一読ください。

http://bit.ly/CNDT2020-MANUAL-ATENDEE

Podcastの配信

CNDT2020の開催にあたり、Podcast「クラウドネイティブでいこう!」の配信を開始しました。イベント当日までの間、複数回に分けて、イベントの生い立ちから当日の見どころ、楽しみ方などをお伝えする予定です。お昼休みなど、是非聴いてみてください。

配信は全3回を予定しています。主な内容は以下となります。

  • Episode1:CloudNative Daysって何で出来ている?(配信中)
  • Episode2:世界へ繰り出せ!(9/3配信予定)
  • Episode3:前日スペシャル(9/7配信予定)

配信サイトはこちらです。

当日まであとわずかとなりましたが、CloudNative Days Tokyo 2020のたくさんのご登録、ご参加お待ちしてます!!

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2020

CloudNative Days Committee

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store