CloudNative Days実行委員会です。

今年も11/21–22にCloudNative Days Tokyo 2022を開催することになりました!そこで、次回のCloudNative Days Tokyo開催に向けて、CloudNative Days実行委員会は新たなメンバーを募集します!お住まいの地域に関わらず、貢献頂ける分野があります!クラウドネイティブ技術を盛り上げるため、一緒に未来のカンファレンスを作りませんか?

CloudNative Days実行委員会の目的

CloudNative Daysは日本におけるクラウドネイティブのムーブメントを牽引する取り組みです。カンファレンスやトレーニング、Meetup、コントリビューション活動を地方も含め実施します。私たちの目標は、クラウドネイティブ技術の啓蒙・推進を通して、日本からのコントリビューション、CNCFメンバーやユースケースを増やすことにあります。また、イベントプラットフォームや配信システムの開発・運営を通して、自らクラウドネイティブ技術を実践し、学びを深め、情報発信していくことも目的としています。

CloudNative Days実行委員会の組織

担当分野(ロール/チーム)ごとに分かれ、それぞれの設計・開発・運用を進めていきます。イベント内容の企画だけでなく、イベントプラットフォームや配信システムなど、エンジニアリングに関わることが多いのが特徴です。実際のイベント運営については、運営事務局(株式会社インプレス/株式会社ピーク・ワン)と協力しながら進めていきます。

チーム一覧

Contents:CloudNative Daysセッションを中心に、コンテンツ全般の企画・設計

Dreamkast:イベント基盤システム(Dreamkast)の開発・運用

Broadcast:配信システムの構築・運用、自動化などの技術検証

Observability:カンファレンス活動全体の可視化、Garafanaダッシュボードの開発:

Promotion:対外的な情報発信チャネルの開発・運用(Twitterアカウント、ブログ執筆、プレイベント等、将来的にはサイト構築も視野に)

Creators:CloudNative Daysのクリエイティブな制作物のデザイン(ロゴ・グッズ・ウェブサイト等)

チーム(役割/ロール)の詳細については、下記のドキュメントをご参照ください。https://docs.google.com/document/d/1wQ9vL_VJvmH2IAxcSP1TYFM1FlIcV_6IO0s9cew6xUE/edit?usp=sharing

参加のメリット

クラウドネイティブの最前線に立つコミュニティメンバーと共同作業できる

クラウドネイティブを駆使した、大規模Webアプリ、イベント配信システム等の開発・運用・計測に携わることで、技術を磨ける

コミュニティ活動を通して、実行委員会、登壇者、スポンサーなど様々な関係者と交流を持てる

参加の条件

実行委員会へのご参加にあたっては、必ずCode of Conduct(行動規範)を遵守してください

ロールによっては、一定の時間拘束が発生(基本的には、すべてSlackとGitHubによる非同期作業になりますが、ミーティングや現場作業等も発生します)

技術的好奇心やチャレンジの意欲、参加者へのホスピタリティなど、プロジェクトを成功させたいという思いがあること

CloudNative Days実行委員会にご参加を希望される方、どんなロールがあるのか、具体的にどんなことをするのかまずは話を聞いてみたい方は、こちらの説明会申込フォームにご入力ください!お申込の方は、後日CNDT運営事務局から説明会日程調整のご案内をさせていただきます。説明会を聞いていただいた上で、参加のご意向を固められたら、正式なお申込とさせていただきます。

説明会申込フォーム
https://forms.gle/YgRupuod7WA1JX9M6

--

--

CloudNative Security Conference 2022運営委員です。

2022年7月12日にCloudNative Security Conference 2022 プレイベントを開催しました。

本エントリはその開催報告となります。

開催概要

  • 開催日時: 2022年7月12日 19:00–21:00 JST
  • 開催フォーマット: オンライン

セッション内容

セッションとしてはトラックA、トラックBのマルチトラック構成で以下のような内容をお送りしました。

  • トラックA

CloudNative Security Conference 2022の見どころ
過去のセキュリティ系セッション振り返り
サイバー攻撃から Kubernetes クラスタを守るための効果的なセキュリティ対策
OSSライブラリは便利、でも危険?いやいや、SBoMで守ろう!

  • トラックB

【CND Replay】How We Harden Platform Security at Mercari
脅威へ、しなやかかつ持続可能に対応するためのIaC環境 〜循環型IaC〜

CloudNative Security Conference 2022の見どころ

--

--

こんにちは、CloudNative Days 運営事務局 です。🙋‍♂️

8/5 CloudNative Security Conference 2022開催に向けて準備が進む中、今年も11月21日-22日にCloudNative Days Tokyo 2022 #CNDT2022の開催が決定しました!2日間に掛けて行われる日本最大級のテックカンファレンスの一つであり、クラウドネイティブの祭典です。まもなくCFPについての情報も公開いたします。後日のアップデートにご期待ください!

イベント情報の公開に先立ち、#CNDT2022では、本カンファレンスを支援してくださるスポンサー企業を募集しています。クラウドネイティブ技術のさらなる普及・発展のため、本イベントのご支援をお願いできれば幸いです。またエンジニア人材獲得や、自社技術のアピールの場として、ぜひ本イベントをご活用ください。

CloudNative Days Tokyo 2022の協賛メニューの詳細については、下記スポンサー企画書をご覧ください。テーマやコンテンツについてアップデートがありましたら、随時企画書を更新してまいります。

https://github.com/cloudnativedaysjp/public-documents/blob/main/cndt2022_sponsor_guide(JP).pdf

企画書をご覧頂き、興味をお持ちになられた企業様は、下記の宛先までご連絡ください。

株式会社インプレス CloudNative Days運営事務局 スポンサー担当

cndj-spo@impress.co.jp

それでは、続報にご期待ください!

--

--

CloudNative Security Conference 2022(CNSec2022)運営事務局です。
先日は、多くの皆様にCFPにご参加いただきましたこと、まことにありがとうございます。

CFPの選考結果のご連絡について、お詫びがございます。

当初公式サイト(https://event.cloudnativedays.jp/cnsec2022)では、選考結果をメールでご連絡する旨記載していましたが
今回、実際のご連絡は、各自でサイトを確認していただく形を取りました。

公式サイトに過去のご連絡方法をそのまま掲載してしまったため、混乱を招いてしまい大変申し訳ございません。

今回のCNSecにつきましては、大変お手数ですが
一度サイトをご覧いただき、結果のご確認をお願いいたします。
(採択者の方だけでなく、CFPエントリーした皆様全員へのご案内もありますので、ぜひサイトにログインしてください)

ご案内の方法については、CloudNative Days実行委員会と協力しながら、今後改善を計画しています。その他の項目についても、今後もイベント運営の改善に努めてまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。

--

--

こんにちは、CloudNative Days実行委員会プロモーションチームです。🙋‍♂️🙋‍♀️

先日予告したCloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days の開催日と新ロゴが決定しました!

開催日:2022年8月5日(金)
会場:オンライン
ハッシュタグ: #CNSec2022

そこで本日、2022年5月20日(金)からCFPを開始します!!

CloudNative Security Conference 2022 のテーマと概要は以下の通りです。

CloudNative Security Conference 2022 テーマ

Go “Green” 〜ともに目指す持続可能なセキュリティ〜

CloudNative Security Conference 2022 (CNSec2022) は、クラウドネイティブセキュリティに特化したテックカンファレンスです。

クラウドネイティブなセキュリティとは、いったいどのようなものでしょうか。私達は、”Green”というキーワードに想いを込めてみました。

自然と同じく、セキュリティはシステムやアプリケーション、サービスなどにおいて欠くことのできない大切なものです。しかし、手放しにしていてはやがてシステムは衰退していくことになるでしょう。

刻一刻と変化する状況の中で、新しい知見・技術を導入したり、脅威になる部分や脆弱な仕組みを伐採したりしながら、新たな自然の芽を育てるように常に最適で正常な状態に整えていかなければならないと私達は考えます。

脅威に対し、継続して柔軟かつ俊敏に対応できる、身軽でしなやかな持続可能のセキュリティこそ、クラウドネイティブ時代のセキュリティの理想のひとつではないでしょうか。

そのような持続可能なセキュリティを実現するために、このイベントで様々な知見や技術を持ち寄って、安全で豊かな”Green”をともに目指してみませんか?

CloudNative Security Conference 2022のCFPエントリーサイトはこちらです。締切は6/13(月)です。詳しい応募要項もございますので、是非チェックをお願いします🙇‍♂️🙇‍♀️

https://bit.ly/cnsec2022-cfp-blg

たくさんのご応募お待ちしております!!🏃‍♂️🏃‍♀️

--

--

こんにちは、CloudNative Days 運営事務局 です。🙋‍♂️

Observability Conference 2022、お疲れさまでした!CloudNative Days は、2022年も1 Dayテーマ特化イベントと、2 Days年次カンファレンスを開催していく予定です。乞うご期待ください。

というわけで、早速次回8月のテーマが決まりました。次回はクラウドネイティブな「セキュリティ」にフォーカスします。題して、

CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days #CNSec2022

コンテナ、マイクロサービスなど各技術におけるセキュリティ上の課題から、実サービスでのセキュリティ対策の実践まで、セキュアなクラウドネイティブの実現に向けた取り組みを紹介します。 現在、実行委員会で詳細を詰めておりまして、まもなくCFPについての情報や新ロゴも公開いたします。後日のアップデートにご期待ください!

早速ですが、#CNSec2022では、本カンファレンスを支援してくださるスポンサー企業を募集しています。ぜひセキュアなクラウドネイティブの実現のために、本イベントのご支援をお願いできれば幸いです。またエンジニア人材獲得や、自社技術のアピールの場として、ぜひ本イベントをご活用ください。

※スポンサーセッション枠は全6枠となります。

#CNSec 2022 スポンサーには、セッションスポンサー、CMスポンサーの二種類がございます。詳細については、下記のスポンサー企画書をご覧ください。

https://github.com/cloudnativedaysjp/public-documents/blob/main/cnsec2022_sponsor_guide(JP).pdf

企画書をご覧頂き、興味をお持ちになられた企業様は、下記の宛先までご連絡ください。

株式会社インプレス CloudNative Days運営事務局 スポンサー担当

cndj-spo@impress.co.jp

2 Days 3000人+の年次カンファレンスは、11月に開催予定です。こちらも、続報が入り次第お知らせ致しますので、乞うご期待!

--

--

こんにちは、CloudNative Days実行委員会プロモーションチームです。🙋‍♂️🙋‍♀️

お知らせです!!

CI/CD Conference 2021、CloudNative Days Tokyo 2021で大好評の “Co-located ハンズオンイベント” を3月11日に開催されるObservability Conference 2022(#o11y2022)でも 開催します!!🎉

この “Co-located ハンズオンイベント” は、CI/CD Conference 2021のテーマ『Continuous 〜技術を知り、試し、取り入れる〜』の「技術を試す」部分を実現するために開催したのがはじまりです。複数のハンズオンコンテンツを提供し、どのハンズオンもご好評頂きました。🙌🙌

これを受けて、CloudNative Days Tokyo 2021でも開催しました。ハンズオンスポンサーの数も10種類に増えて、大好評となりました。🙌🙌

Observability Conference 2022でも、セッションを聴講するだけでなく、各種テクノロジーを実際に体験してみる機会を提供することで、参加者の皆様に実感を伴った体験を提供したいと思っています。💪

そのため、CloudNative Days実行委員会からお願いがあります。

「技術を試す」部分で、実際に手を動かせるチュートリアルやハンズオンセッションをご提供頂けるスポンサー様を募集致します。

お力添えをお願いします。🙇‍♂️🙇‍♀️

Co-located ハンズオン概要

実施日:2022/3/10 木曜日(イベント前日)

実施時間:9:00〜13:00 or 14:00〜18:00 の前半パート or 後半パートのうち 30分〜4時間

開始時刻は 9:00 or 14:00 のいずれか

会場:オンライン

※当初予定していたハイブリッド開催ですが、新型コロナウイルスの感染拡大のため、皆様の安全を考慮した結果、オンラインでの開催のみとさせて頂くことになりました。

本サイト:https://event.cloudnativedays.jp/o11y2022

コンテンツについて:

Observability に関する、実際に手を動かすハンズオン が条件となります。

ハンズオンは各社がすでに持っているコンテンツを利用していただく形でも可能です。

「ベンダー企業の自社製品のハンズオン」「トレーニング提供企業の自社のトレーニングの一部」なども歓迎です。

スケジュール

1/7(金) Co-located ハンズオンスポンサー募集開始

2/2–2/16 順次イベントサイトへ反映、集客・告知

2/16(水) Co-located ハンズオンイベント申込締切

3/10(木) Co-located ハンズオンイベント開催当日 ★

3/11(金) Observability Conference 2022 開催当日

スポンサー登録にあたって

CloudNative Days実行委員側で公式サイトにハンズオンページを作成します。

各社の情報を以下スポンサー申し込みフォーム の入力をお願いします。

https://bit.ly/o11y2022-handson-sponsor

下記は各社で個別に実施をお願いします。

  • ハンズオン参加者の登録ページ準備(Connpass等でも可)
  • GitHub IDやGoogle Accountなどのアカウント情報の収集
  • 必要条件の明示

-Linuxの知識が必須、8GB以上のメモリ必須、

-クレジットカード必須、など

  • ZoomやGoogle Meetの準備
  • 定員数の管理と募集停止
  • 参加者への当日の参加方法の連絡

CNDT実行委員が提供する内容

  1. 公式サイトのハンズオンページへの記載

(参考)CNDT2021ページ:https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/hands-on

2. 幕間動画・オープニング資料・公式サイトなどへのハンズオンスポンサーロゴ表示

(参考)CNDT2021ページ:https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/

3. Twitterやメールでのハンズオン告知・集客(ベストエフォート)

Q & A

  • Q. その他ご不明点・ご相談事項がある場合

obcon-2022-committee@googlegroups.com までご連絡ください。

  • Q. 複数のスポンサーハンズオンを申し込むことは可能ですか?

可能です。2つ以上申し込んだ場合でもロゴの掲載は1つのみとなります。

  • Q. リード情報を収集することは可能ですか?

可能です。ただし各社でそれぞれ実施し、リード情報として利用する旨を参加者に伝えていただくようにお願いいたします。実行委員及びインプレスからの提供は一切ありません。

  • Q. スポンサー数に上限はありますか?

ありません。

  • Q. どのような XXX がスポンサーになれますか?

企業(ベンダー企業、トレーニング提供企業、ユーザー企業を含む)・非営利団体・コミュニティ・個人・有志等のいずれの方でも可能です。

たくさんのご協力頂けるスポンサー様をお待ちしております。🙇‍♂️🙇‍♀️

--

--

こんにちは、CloudNative Days 運営事務局 です。🙋‍♂️

Observability Conference 2022では、本カンファレンスを支援してくださるスポンサー企業を募集しています。CloudNative Trail Mapに沿ったモダン化への道筋として、CI/CDに続いて、今回は「オブザーバビリティ(observability, o11y: 可観測性)」にフォーカスします。コンテナに代表される技術を活用したクラウドネイティブな環境は、複雑化し常にどこかに問題が潜んでいます。システムを安定運用するためにも迅速にデバッグして根本原因を見つけるためにもより良いObservabilityは必要不可欠です。ぜひObservabilityとCloudNativeの普及のために、本イベントのご支援をお願いできれば幸いです。

また本イベントは、オンライン開催となります。ぜひイベントを自社のアピールの場としてご活用ください。

※セッション枠は全9枠となります。ただし、リモート登壇枠には、トラックの都合、それぞれ3枠ずつとさせて頂きますのでご了承ください。

※当初予定していたハイブリッド開催ですが、新型コロナウイルスの感染拡大のため、皆様の安全を考慮した結果、オンラインでの開催のみとさせて頂くことになりました。

Observability Conference 2022 スポンサーには、セッションスポンサー(Platinum/Gold/Silver、登壇枠あり)、CMスポンサーの二種類がございます。詳細については、下記のスポンサー企画書をご覧ください。

https://github.com/cloudnativedaysjp/public-documents/blob/main/o11y2022_sponsor_guide(JP).pdf

企画書をご覧頂き、興味をお持ちになられた企業様は、下記の宛先までご連絡ください。

株式会社インプレス CloudNative Days運営事務局 スポンサー担当

cndj-spo@impress.co.jp

※なお、本編とは別に、実行委員会が主催するCo-locatedハンズオン(3/10)にご協力いただける「ハンズオンスポンサー」も募集します。そちらは、ハンズオンを提供頂く代わり、無償でのご参画が可能ですので、詳細は別途ご案内します。

--

--

こんにちは、CloudNative Days実行委員会プロモーションチームです。🙋‍♂️🙋‍♀️

CloudNative Days Tokyo 2021(#CNDT2021)が無事に終了してから1ヶ月が過ぎました。

今年もスポンサー、登壇者、そして多くの参加者の皆様のおかげで素晴らしいイベントになりました。

改めて、御礼申し上げます。🙇‍♂️🙇‍♀️

そして、CNDT2021終了時にCo-Chairのお二人から、Observabilityを主としたスピンオフ企画の発表がありましたが、その内容を発表します。

2022年3月11日(金)

Observability Conference 2022 by CloudNative Days

を開催(オンライン)します!!

ハッシュタグは、#o11y2022 です。

https://bit.ly/o11y2022-site

※当初予定していたハイブリッド開催ですが、新型コロナウイルスの感染拡大のため、皆様の安全を考慮した結果、オンラインでの開催のみとさせて頂くことになりました。
オフライン参加を楽しみにしてくださっていた皆様、大変申し訳ありません。

そして本日、2021年12月15日(水)からCFPを開始します!!

Observability Conferenceのテーマと概要は以下です。

Observability Conference 2022のテーマ

Observe the Observability 〜知らないことを知り、見えていないものを見る〜

Observability Conference(O11yCon)は、オブザーバビリティ(可観測性)に特化したテックカンファレンスです。

Cloud Native Daysでは、2021年に「CI/CD」に特化したテックカンファレンスを開催しました。次のステップは「Observability」です。

どのようなツールがあるのか・実業務での活用事例、そしてそもそも オブザーバビリティとは何なのか。

それぞれの情報を共有し、オブザーバビリティに対する理解を深め合いましょう。そうして得られた知見を、今度は皆さん自身のシステム/アプリケーションに活かすことで、より実体や現状が高い解像度ではっきりと見えてくるはずです。

まさに、知らなかったことを知ることで、見えていないものが見えるようになります。

さまざまなロールの垣根を超えて、ともにオブザーバビリティの道を明らかにしていきましょう。

--

--